コラム>担当者インタビュー-1

担当者インタビュー-1

 

飲食店は「新しい生活様式」に対応するため、テイクアウトなど今までと異なる営業形態を模索する必要がある。本プロジェクト担当者である大城裕子さんが、プロジェクトにかける思いを語ります。

「味守りプロジェクト」とは、

消費者が積極的に「自分の好きなお店」を応援する、新たな「中食」の形を提案するプロジェクト。
「待たずに受取り」「衛生管理の見える化」「SNSでのお店とファンの情報交換]を徹底し、それぞれのお店のファンとお店をつなぐ仕組み。
このプロジェクトを通じて、飲食店での「テイクアウト・物販商品の安全確保」と「小規模飲食店の新たな営業方法の確立」を模索する。  
味守りプロジェクトホーム


  

プロジェクトへの思い

「本当は今日、衛生管理の勉強なんかしたくない人、手を上げてください!」

 

大城が担当する衛生管理の勉強会では、必ず最初にこの質問をする。自分がパティシエだったからこそ、「こんなことしてるヒマがあったら、1食でも多く作りたい。」というパートさんや現場社員の気持ちがわかる。
「現場はモノを作ることこそが役割」という気持ちは今でも変わらない。ただ、衛生管理の重要性が身に染みているからこそ、できるだけ笑顔で、かつ緊張感を持った仕事をしてもらうように、現場のパートさんたちの気持ちに寄り添いながら、衛生管理の大事さを伝えたいと思っている。

現在、HACCP推進事業部の大城裕子は、県内の有名菓子店、ブランドスイーツショップを経て、2018年に株式会社クロックワークに入社した。
 現在は、中小規模の食品工場、飲食店のHACCP導入支援を行っている。彼女の強みは、「製造現場に立ち続けた経験」だ。

プロジェクト担当を申し出た理由

【写真】上司(大兼久)を差し置いて、どこから食べるか夢中になる大城さん

食べることが大好き

 

大城は、プライベートでは二児の母であり、食べることが大好きな「がちまやー」だと笑う。上司から、「食べることが大好きなら、「好きなお店の味を守る」このプロジェクトを担当してみないか」と誘われた時に、「やります!」「自分には、「守りたい味」がたくさんあります!」と即答した。
このプロジェクトで、自分の好きなお店の味が守れるなら、昔の職場と同僚を守ることができるなら、担当するのは自分しかいないという気持ちがあるからだ。

   

コロナ対策後のお店について

コロナ対策の影響で、多くの飲食店がテイクアウト・物販の比率を高めるしかないと考える一方で、衛生管理の難しさは大きく増す。
調理して、すぐ提供する「飲食」と販売時間や持帰り時間を考慮しなければならない「製造」では、食中毒のリスクが全く違うからだ。
一時的な業態変更ではなく、これから先の長期間、テイクアウト・物販の比率を高めなければならないことを考えると、しっかりと「衛生管理計画」を立て、「実施・記録」し、「振返り」を行うことが必須となる。
「若くて、ネットやスマホで情報を収集できるお店は自分でどうにかできるかも知れないが、昔ながらの食堂では、周りが助けてあげないときっと対応できない。」と自分が好きな食堂のおばあちゃんを想像し、心を痛める。

味守りメニューへの思い

【写真】※テイクアウトメニューのイメージ
 管理部門の上司からの「メニュー一つの検査は無料でもいいんじゃないか」とのアドバイスを受け、検査チームの協力を得て、微生物検査を1検体分無料にする協力体制を了解してもらった。
「微生物は、増えているかどうかが目に見えないし、食中毒菌は増えても「腐った匂い」がしない場合がほとんどです。だから検査が必要なんです。」と大城は語る。
また、アプリ決済の取引先との協議も進め、決済用のアプリを2ヶ月無料で使えることを確認してある。
「まずは、味守りプロジェクトに参加してもらって、しっかりとした衛生管理体制を作り、顧客にアピールしながらお店のファンを増やして行きたい」と今後の抱負を語ってくれた。  

本サイトで、味守り応援メニューが注文できるサイトへリンクする予定です。お楽しみに!
Facebookのグループメンバーへの登録をお願いします!